101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

色石手帖

101番目の小さな宝石店TOP > 店主Blog 色石手帖 > よくある質問宝石ジュエリーコンテンツ > 宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由02

宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由02

2018/06/29 【よくある質問】【宝石ジュエリーコンテンツ】

宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由02

ドイツカットペリドット.jpg

ドイツ南西にある街イーダーオーバーシュタイン

古くから質の高い原石の集まる街です そんな


ドイツは宝石のカットの技術が高いということを

日本ではあまり知られていません







カットの制度ドイツカット12.jpg


マイスターの国らしい

正確で丁寧な仕事ぶりは世界中の宝石ブランドから

認められています






16century.jpg

歴史は古く15世紀ごろに

メノウがドイツで採れたことから始まっているようです



そこから宝石産業が発達していき

18世紀には宝石のカットだけではなく

ジュエリーも作るようになってきます








ムーンシュタイナーのルース.jpg

正確無比なカットの仕事ぶりは

カットの世界的に有名なアーティストも生み出しました


ムーンシュタイナーです

彼らの独創的なカットに技術だけでなく

感性も揺さぶられている人たちが世界中にいます






日本の四季と湿度03.jpg

さて

では日本では

なぜドイツが宝石のカットで有名な事を知られていないのでしょうか







アウィナイトリング00.jpg

それは日本のジュエリーの歴史が

大量生産による発展をとげたことによります










海外ディーラー01.jpg

沢山の人々が

手軽にジュエリーを楽しめるように



同じ品質の宝石や

同じデザインのジュエリーを大量に販売したのです











海外ディーラー00.jpg

数をたくさん作る事で

コストを下げて全国チェーンで同じデザインを販売する



それによって日本はジュエリーを知り

気軽に楽しめるようになりました






アレキサンダーブラジルインペリアルトパーズカット00.jpg

しかし

ドイツの優れたカットの宝石は

そんな大量生産に向かなかったのです





手仕事で精密にカットするドイツの宝石は

たくさんの数をそろえる事は難しかった





コストに対しても

安い手間賃で大量に生産できるアジアの生産地のほうが

日本にとっては必要だったのです









日本はタイやスリランカ

南米ではブラジルなどのたくさんの質の揃った宝石を必要としていました


たくさん揃う事

安く手に入る事


これが日本にとって優先順位が高かったのです



もう1つの理由はまたこの次に





Pin It
101倶楽部通信

ページ上部へ

カレンダー
検索
カテゴリー
最新の投稿
月別アーカイブ

ガイド

ショップインフォメーション

  • 色石手帖
  • 101倶楽部通信/登録
  • 製作物語

ジェムディレクター/青木貴彦

GIA G.G.

アバウトアス

サブコンテンツ