101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

色石手帖

101番目の小さな宝石店TOP > 店主Blog 色石手帖 > ひとりごと美しい宝石 > 1点ものになってしまう理由 宝石も量産できるものとできないものがある

1点ものになってしまう理由 宝石も量産できるものとできないものがある

2018/06/22 【ひとりごと】【美しい宝石】

1点ものになってしまう理由 宝石も量産できるものとできないものがある

スピネル多彩ピンクとラベンダー00.jpg

当店の宝石たちは

ほぼ1点ものです 特殊なカットではない宝石であっても

ほぼ1点ものになります



それはカタチが理由なわけではないのです

美しさを追及していくと

同じものは無くなってしまうのです





ラベンダースピネル07.jpg

このラベンダースピネルも

オーバルという 良くみるカタチのスピネルですが



まず色

この淡く強い輝きのラベンダーカラーは数が限られています



次にカットの精度

ドイツカットで精度の高い技術で光を輝かせています

特に淡い色合いはのっぺりしてしまうのですが カットの精度で輝きを引き出せます



原石の質

ドイツカットではかなり厳しい原石のセレクトをします

精度の高いカットをウリにするためには原石の透明度や色の華やかさが重要だからです





誕生石トルマリン10.jpg

このような条件

実は条件はあとからついてくるのですが


美しさを追求して買い付けをしていると

結果的にそういう条件が揃っている宝石になってきてしまうのです





ムーンシュタイナートルマリン06.jpg

ムーンシュタイナーや

KreisCut はカットのフォルムが特別なので1点ものなのですが


そういうことではないのです






サンストーンKreisCut2014はっぱ02.jpg

KreisCut であったとしても

彼らももちろん原石のクオリティーにはかなりこだわります



例えば同じフォルムのカットでリクエストをしても

カットはしてくれますが

原石の輝き、テリ、透明度によって

削り出された宝石の印象は変わってしまいます






タンザナイトKreisCut08.jpg

彼らは条件を基に量産しているのではないのです

それぞれの原石の個性を見出し

色と輝きを引き出すことをしているのです




だから

同じものは生まれてこないし 根本の考え方が違うのです


美しい宝石を生み出す






アクアマリン色の比較サンタマリア03.jpg

たくさん売るために

企画にあうサイズ、カタチを量産する


そればかりをしてきたのが日本です

なので量産できる原石だけをそろえてカットする


そこは根本的に違うわけです






3ペリドット.jpg

美しさを追及していくと

たくさん揃えるなんて事は出来ません


本当に美しい原石はとても稀少だからです


量産できる 同じ色合いで同じカタチの宝石は そこそこの美しさなのです


もちろん

美しいですが比べれば一目瞭然です 



本当に美しい宝石は誰が見てもすぐにわかります

それほどに美しいからです





アメシストKreisCutローズドフランス05.jpg

このアメシストをみて

感動された方はとても多かったです


大きな感動を与える宝石というものは1つ そうならざるを得ないのです






Pin It
コンシェルジュにご相談ください

ページ上部へ

カレンダー
検索
カテゴリー
最新の投稿
月別アーカイブ

ガイド

ショップインフォメーション

  • 色石手帖
  • 101倶楽部通信/登録
  • 製作物語

ジェムディレクター/青木貴彦

GIA G.G.

アバウトアス

サブコンテンツ