101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

色石手帖

101番目の小さな宝石店TOP > 店主Blog 色石手帖 > よくある質問宝石ジュエリーコンテンツ > 宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由03

宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由03

2018/07/02 【よくある質問】【宝石ジュエリーコンテンツ】

宝石の街ドイツ イーダーオーバーシュタインが知られていない理由03

イーダーオーバーシュタイン09.jpg

日本ではまだまだ知られていない

宝石の街 ドイツのイーダーオーバーシュタイン この球体のモニュメントは




地球を表し世界中から

この街に原石がやってくることの象徴として飾られています




イーダーオーバーシュタイン宝石の街05.jpg

有名ブランドのとっておきの原石は

ここドイツのイーダーオーバーシュタインで精巧なカットを


ほどこされて

特別なお客さまに届けられるのです






イーダーオーバーシュタイン宝石の街06.jpg

歴史も古く

ジュエリー産業に展開したのは18世紀から


昔から有名なのです



ドイツと言えばマイスターの国

クルマやカメラ 医療薬品や医療機器 も有名ですね

職人気質で正確なものを造りだすイメージは宝石も共通する部分があるかもしれません





イーダーオーバーシュタイン17.jpg


では、なぜ日本では知られていないのか

もう1つの理由は


取って置きの違いです






リカット02.jpg

日本での取って置きの宝石はダイアモンドでした

婚約指輪や

アニバーサリーにはダイアモンドを贈る



そんな文化が昭和に時代にはありました







給料の3か月分婚約指輪00.jpg

宝石といえばダイアモンド

婚約指輪はダイアモンド




カラーストーンはあまり使われることがなかったのです






リカット01.jpg

ドイツのイーダーオーバーシュタインでは

カラーストーンの取って置きをカットしてきたのです








ペリドットピアス02.jpg

日本ではカラーストーンは主に

ピアスや小さなサイズの宝石をリングに使うことが多かったのです



ピアスでも良いカットのペリドットを使うと

素晴らしいものになるのですが

もっとカジュアルな使い方のジュエリーが大量生産されてきた歴史があります







ロードライトガーネットピノノワールネックレス00.jpg

取って置きのカラーストーンを選ぼうとすると

売っていない

宝石店で観たことがない




これだけカラーストーンがあるにもかかわらず

街の宝石店にはあまり見る事が無いのです







彫り留めピンクトルマリンリング02.jpg


日本はダイアモンドばかり販売してきました

鑑定書を見せて

グレードと相場だけで販売してきたのです



店員さんにカラーストーンの質問をしてみても答えられない

知識が無いのです






リフォームダイアモンドリング00.jpg

ダイアモンドであれば4c 呼ばれるカラー カット クラリティー カラット

さえ分かれば説明できるのです


最後は鑑定書です





カラーストーンには鑑定書がありません

鑑別書はつけられますが 鑑別書は宝石の品質を表すものでは無いのです



ですから

カラーストーンは色や輝き カットや産地などの説明が必要です

それをしっかり勉強している販売者は少ないのです






イーダーオーバーシュタイン06.jpg

ドイツのカットを聞いてみてください

イーダーオーバーシュタインのことを質問もしてみてください


知らない店員さんがほとんどです







ロッククリスタルつぼみピアス00.jpg

カラーストーンの文化がない日本で

カラーストーンの街イーダーオーバーシュタインのことが


知られることもめったに無いでしょう



でも、世界では知られています

歴史もあるのです





今やインターネットの時代

お客さまはご存じな方が増えてきました



わざわざイーダーオーバーシュタインにご旅行されるお客さまもいらっしゃるのです


我々も

もっとドイツを イーダーオーバーシュタインの事を発信していかなければなりません


美しい宝石がある

魅力的な街なのです





Pin It
101倶楽部通信

ページ上部へ

カレンダー
検索
カテゴリー
最新の投稿
月別アーカイブ

ガイド

ショップインフォメーション

  • 色石手帖
  • 101倶楽部通信/登録
  • 製作物語

ジェムディレクター/青木貴彦

GIA G.G.

アバウトアス

サブコンテンツ