101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

色石手帖

101番目の小さな宝石店TOP > 店主Blog 色石手帖 > ひとりごと > 色彩の温度 紫の気品 クールだけではない深み

色彩の温度 紫の気品 クールだけではない深み

2018/08/06 【ひとりごと】

色彩の温度 紫の気品 クールだけではない深み

アメシスト2015KreisCut07.jpg

紫の宝石は意外と沢山あります

これはアメシストですが

アメシストだけでも

紫の色の幅があります





アメシスト00.jpg

これはすべてアメシストです

おなじ紫でも違うでしょう




クールな印象もある宝石の紫

しかし

宝石の紫はクールだけではとどまらない気品があります








アメシスト2014KreisCut06.jpg

濃い紫は

クールさとちょっとした色が香るのです


色香とは宝石の紫にこそ ふさわしいと思いませんか









タンザナイト01.jpg

タンザナイトも紫の宝石

同じ紫でもブルーが強い紫です







タンザナイト四角とオーバル03.jpg

こちらはクールと知性

知的なセンスを感じる紫




クールとはなんでしょう

冷たい。。。それだけではないですね

しかし、暖かくはない

紫とはそういう色彩です





アメシスト花びらリング06.jpg

宝石の紫は

クールだけではない凛々しさもあります


しかも若々しい印象もある

生命力というか未来を感じさせる期待感







クープリアンリング01.jpg

これはトルマリンの紫ですが

華やかでしょう



でも落ち着きもある

けしてクールだけで収まらない


温度でいうと温かい方ではないけれど冷たくもない


しかし

なにか温度は感じる




色彩の温度とはそういうもの





ラベンダースピネル06.jpg

ラベンダースピネルは

はかなさも感じる



温度はどうなんでしょう

冷たい 温かい  



紫の温度

あなたはどの色彩の温度が好きですか







Pin It
101倶楽部通信

ページ上部へ

カレンダー
検索
カテゴリー
最新の投稿
月別アーカイブ

ガイド

ショップインフォメーション

  • 色石手帖
  • 101倶楽部通信/登録
  • 製作物語

ジェムディレクター/青木貴彦

GIA G.G.

アバウトアス

サブコンテンツ