101番目の小さな宝石店/ホーム

サイトマップ

ダイアモンドの選び方

101番目の小さな宝石店TOP > ダイアモンドの選び方

4Cって、よくダイアモンドを調べる時に出てきますよね。
これは、ダイアモンドのグレードをあらわすもので、選ぶ際の基準になるものです。
この4Cによって、価格が変わったり、価値が変わったりするんです。

カラット(Carat)、クラリティー(Clariy)、カラー(Color)、カット(Cut)の4つです。
全部、Cから始まるので、4Cとよばれます。簡単に言うと、
カラットは重さ、クラリティーは内包物の状態、カラーは色、カットは形のバランスです。
カラット[ ct ] 重さ 大きさの単位ではなく、重さの単位です。1カラット=0.2グラムです。
クラリティー [ clarity ] 内包物の状態 婚約指輪などには、VSクラス、VVSクラス以上を使う事をおすすめします。
カラー [ color ] Dが一番良い色です。Hくらいからわずかに黄色っぽいのがわかりはじめます。
カット [ cut ] 形のバランス ここは大事です。カットが輝きをあたえます。日本人はエクセレントを好みます。
4Cを良くみかけるのは、鑑定書です。ダイアモンドの身分証明書のようなものです。
鑑別書とは違います。一般的にダイアモンドにしかないものです。
カラーストーンには鑑別書がつきます。鑑別書は何の石かを判別するものです。
基本的にはグレードは無い、天然の石かどうかを証明するものです。

クラリティー

FL、IF はあまりありませんから、VVS1〜VS2 をおすすめします。
激安通販やテレビショッピングで、SI1〜I1 がありますが、薦めません。大きさ重視なら購入しても良いでしょう。
内包物といっても、慣れないと見えないものです。VVS1〜VS2なら問題ないでしょう。 大きくなるほど見つけやすくなります。
希少 婚約指輪におすすめ セカンド候補 薦めません
FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2 I3

カラー

D〜G までは無色です。プロでも2つ並べてみないとわかりづらいくらいです。
Hくらいから黄色味を帯びてきます。ギリギリのラインです。よくある激安テレビショッピングのカラーをみてください。だいたいHが多いはずです。安いものには理由があるものです。
おすすめは、D、E、F です。
おすすめ 良い ギリギリ 黄色味をわずか 少し黄色味
D E F G H I J K〜Z

カット

普通にお店で見るものは、エクセレント(Excellent)、ベリーグッド(VeryGood)、グッド(Good)です。
フェア(Fair)、プア(Poor)は無いでしょう。
カットは、とても大事でダイアモンドの輝きに大きく影響します。
エクセレント(Excellent)と グッド(Good)では、違いがわかると思います。
クラリティーが多少、落ちてもカットがよければ、輝きます。

ただ、よくあるトリプルエクセレントとか、ハートアンドキューピットなどは国際的なグレードではありません。一部アメリカなどで使われていますが日本特有のものです。価格的には高くなるので、エクセレント(Excellent)で良いでしょう。充分な輝きです。
確かに、カットは良くなりますが、違いが肉眼で判断できるかどうか。予算に余裕のある方は良いと思います。

おすすめ 良い セカンド候補 薦めません
Excellent VeryGood Good Fair Poor

ハートアンドキューピッド

これは、カットが優れているダイアモンドにつけられる名前で、内容は一緒です。
初めに、ある会社が、『ハートアンドアロー』の名称を登録商標してしまったので、 その会社以外が使えなくなり『ハートアンドキューピット』と呼ぶ事にしたためです。

カットが良いので、ハートと矢の形が見える
■正式なカットグレードではない
■通常よりも割高である

この3点がポイントです。カットは優れています。だからスコープで覗くとハートと矢の形が見えるのです。
しかし、

       『 見える原因は左右の対称性 』

にもよるものです。(*^_^*)皆さんも、知っていて欲しいのですが
ハートアンドキューピッドやハートアンドアローは、
左右の対称性が良いのでハートや矢が出ます。しかし、

     『 カットの良さは左右の対称性だけではない

のです。
全体の形、研磨の質などが総合的に良いものが良いカットなのです。
ですから、左右の対称性は良いけれど高さや、上下のバランス、
研磨の仕上げ状態が良くないカットも出てくるのです。

実際に、こういうご相談がありました。

     『 HEART&CUPIDなのに、カットグレードはVeryGood 』

これは正に、解説どおりの現象です。
ハートアンドキューピッドであっても、カットがエクセレントではない。
と言うことは

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ハートと矢が見えるけれど
       カットは最高ではない!
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

と言うことです。
これなら、ハートアンドキューピッドじゃなくてもエクセレントを選んだ方が良いのです。

ハートアンドキューピッドやハートアンドアローは正式なグレードにはありません。
確かに左右の対称性は優れていますが、カットの本質について考慮しないとこのようになります。
しかも、ハートアンドキューピッドやハートアンドアローは割高です。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      HEART&CUPIDでExcellentであれば良いとは思いますが、
      ただHEART&CUPIDだけで判断するのはやめましょう。
     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハートアンドキューピッドやハートアンドアローを否定するつもりは、無いですよ。
確かにカットが優れているのです。当店でも扱ってますから。(*^_^*)

■ハートアンドアローの真実 (当店メルマガより抜粋) メルマガの登録は無料です。こちら→

4Cを判断する人たち

これら4Cを判断するのが、鑑定の資格を持つグレーダーと呼ばれる人たちです。
GIA、FGA、CGJなどの機関が認めた、いわゆる宝石鑑定士です。日本には、国家試験がありません。
GIAはアメリカ合衆国、FGAはイギリス、CGJは日本の機関です。
最近は、一般にもGIAやFGAが知られてきました。
私、店主青木はGIAの資格をとりました。4Cの基準を作ったのはGIAです。

機械、器具は使いますが、最終的に判断するのはグレーダーの目です。
ですから、体調によって判断がズレることもあります。
それを防ぐために、ダブルチェックといって2人のグレーダーがそれぞれ判断して、両方の判断をあわせます。
鑑定書の下のほうに、グレーダーのサインがあるはずです。
ここに2人のサインがあれば、ダブルチェックされた証明です。

ただし、あまり鑑定結果に頼りすぎる買い方は、個人的には好ましくありません。
あくまで、判断基準で、購入する際の目安にとどめてほしいものです。

綺麗だから欲しい、気に入ったから買う

これが、宝石を手にする、本来の基準であって欲しいからです。

ページ上部へ